Blog&column
ブログ・コラム

?空き地の管理不足によって起こるトラブルについて

query_builder 2021/07/17
コラム
13
近年全国各地で空き地が増えており、さまざまなトラブルが起こっています。空き地が増えている原因として少子高齢化や核家族化が考えられますが、どんな理由があっても空き地を放置してはいけません。
では、空き地を放置することによってどのようなトラブルが起こり得るのでしょうか。
今回は、空き地の管理不足によって起こるトラブルについて解説していきます。

▼ゴミの不法投棄
人通りの少ない山道や河川敷などにゴミが不法投棄されているのを見たことがある方も多いと思いますが、人の出入りがない空き地にもゴミが不法投棄されています。
空き缶や新聞紙などの生活ゴミをはじめ、布団、自転車、家電、家具など大きなものが捨てられているケースも珍しくありません。
どんどんゴミが溜まっていくと、害虫や悪臭などのトラブルに繋がります。

▼放火
空き地の放火に関するニュースを一度は目にしたことがあると思います。ゴミや雑草などが溢れかえっているとすぐに火が燃え広がり、周囲の住宅にまで燃え移る危険性があります。
また、人為的に火をつけなくても、放置された家電などのコンセントに溜まったホコリが湿気を含んで発火する場合もあります。

▼景観が乱れる
ゴミなどが放置された空き地があると、それだけで地域の景観が乱れます。空き地を放置することで近隣住民にも迷惑がかかり、地域のイメージを下げる原因にもなってしまいます。

▼まとめ
空き地の管理不足は、土地の所有者だけでなく地域全体の問題にまで発展する可能性があります。
空き地の管理でお悩みの方は、ぜひ一度弊社にご相談ください。

NEW

  • 熊本市東区の戸建の玄関周りのタイルの張り替え!

    query_builder 2021/06/04
  • オーダーメイドでのリノベーションにはメリットがいっぱい

    query_builder 2021/10/22
  • 土地を有効活用するためにおすすめの方法

    query_builder 2021/10/15
  • メンテナンスを行って家での暮らしを快適なものに

    query_builder 2021/10/08
  • 二世帯住宅に改築する場合のポイント

    query_builder 2021/10/01

CATEGORY

ARCHIVE