Blog&column
ブログ・コラム

リノベーションを前提として中古マンションを購入する際の注意点

query_builder 2021/06/25
コラム
7
近年、新築マンションではなく中古マンションを購入して自分でリノベーションする方が増えています。
その理由は、新築マンションを購入するよりも費用を抑えられる、ライフスタイルに合った間取りにできるなどいろいろありますが、もちろんメリットだけではありません。
今回は、リノベーションを前提として中古マンションを購入する際の注意点について解説していきます。

▼耐震強度の基準を満たしているマンションを選ぶ
1981年に建物の耐震基準が改正されたので、それ以前に建てられた建物は一定の基準を満たしていない場合があります。
改正前を旧耐震基準、改正後を新耐震基準と言い、新耐震基準では震度7でも耐えられる強さが義務付けられています。
つまり、旧耐震基準と新耐震基準のマンションを比べると、新耐震基準を満たしているマンションの方が安全ということになります。
リノベーションして長く住むことを考えると、新耐震基準を満たしているマンションを選ぶのがおすすめです。

▼築20年以上のマンションを選ぶ
建物は築年数が経過するにつれて資産価値が落ちていき、築20年ぐらいになると価格が下がりにくくなります。
そのため、築5年ほどの中古マンションを購入してもだんだん資産価値が下がっていくので、資産価値が下がりにくい築20年以上のマンションを選ぶのがおすすめです。

▼まとめ
リノベーションを前提として中古マンションを購入する際は、耐震性や築年数を頭に入れて物件を選んでみてください。
これからリノベーションをお考えの方は、ぜひ一度弊社にご相談ください。

NEW

  • 熊本市東区の戸建の玄関周りのタイルの張り替え!

    query_builder 2021/06/04
  • オーダーメイドでのリノベーションにはメリットがいっぱい

    query_builder 2021/10/22
  • 土地を有効活用するためにおすすめの方法

    query_builder 2021/10/15
  • メンテナンスを行って家での暮らしを快適なものに

    query_builder 2021/10/08
  • 二世帯住宅に改築する場合のポイント

    query_builder 2021/10/01

CATEGORY

ARCHIVE